ピル副作用

ピル副作用/情報社会だからこそピルの正しい情報を発信します

ピル副作用

 

 サプリメント・風邪薬・胃腸薬・頭痛薬・更には膀胱炎に効く薬等、一昔前なら受診を経ないと貰えない薬まで買う気になれば薬局で買えるようになりました。

 

それだけ安全性が確立された薬が増えてる現れだと私は考えてるのですが。色んな薬が溢れ、多くの人が何ら問題なく服用してる薬。

 

その薬の中にピルも当然含まれてる筈ですね。では何故ピルは副作用に注目が向いてしまうのでしょうか?

 

それはピルに偏ったイメージが根付いてしまってるからだと考えます。

 

実際、服用に至ってみると、何しろ、とても利点の多い薬なので、そんな不安も払拭されると思うのですが。

 

 

けれど、少しでも不安を抱いてる薬を積極的に服用しましょう!

 

なんて気分には、到底なれませんね。

 

その不安を打ち消す為に、敢えてまず、気になるそのピルの副作用について掘り下げて行きたいと思います。

 

ピルには、幾つか種類が有るのですがまず緊急避妊用ピル(性交後72時間以内に服用)の副作用で多くの方が周知してるのが「吐き気」「嘔吐」だと思います。
改良前の「プラノバール錠」では確かに、これ等の副作用は半数の方が経験してたそうですが。

 

「ノルレボ錠」が認可されてからは多くの女性が、その副作用から解放されてます。
従来、「吐き気」を感じた人は50%「嘔吐」に至った人は18%だったのが
「ノルレボ錠」が主流になってからは「吐き気」9%「嘔吐」0%と大きく改善されてきました。

 

最悪の事態から身を守る為に安心して服用してください。「ノルレボ錠」の場合は一度に2錠を服用し後は生理を待つだけで、女性の負担が大きく軽減されてます。

 

望まない妊娠を避けるために勇気を振り絞り高い敷居を跨(また)ぎ産婦人科の

 

 

受診をしたのですから医師を信じて改善された薬を信じて服用してください。

 

けれど「事故」は、いつ何処で起こるか判らない物です。

 

パートナーが避妊に失敗した、中には性犯罪に巻き込まれた等深刻な「事故」に遭われた女性も居ると思います。

 

それが、運悪く、休診日と重なったりすると処置・処方が遅れ望まない妊娠に至ってしまう可能性も出てきます。

 

高い避妊率を誇る薬ですが、72時間以内に服用としてますが。

 

処置できないまま時間が経過してしまうと残念ながら避妊率も低下してしまいます。

 

そんな事態を避けるために、最近では通販でもアフターピルの購入が可能になったのをご存知ですか?

 

ただでさえ、大きな傷を負ってるのに。受診できない不安を抱えて過ごすなんて耐えられませんね。

 

自分の身は、自分で守る時代です。万が一に備えてアフターピルを常備しておくことをお勧めします。

 

ピルの副作用を正確に把握して対処法も覚えて上手にピルと付き合いましょう

 

ピル副作用吐き気

 

ピルの副作用は「吐き気」が代表的に挙げられてますね。けれど、改良も進んできてピルの副作用に苦しむ女性は減ってきています。

 

我々女性にとっては良い事なのですが、そもそも何故ピルは副作用で吐き気を引き起こすのでしょうか。

 

 

また、しばらく飲み続けると嘘言ったみたいに不快な症状が消えたと多くの女性が証言してますね。

 

これは、いったいどういう事なのでしょうか。

 

考えられる原因は、体内のホルモン環境の変化にあるそうです。

 

私たちはバランスの取れたホルモンの働きで問題なく快適に過ごせるのですが。疾患治療・避妊の目的の為にピルを服用すると、この
バランスは変化します。

 

そのホルモン環境の適応が上手く出来ない為に起こるのが吐き気などの副作用とされてるのです。

 

ピルの副作用の吐き気は因みに「つわり」の疑似体験と表現する人も居ますね。

 

色んな匂いが負担になるという意見もありました。もちろん、そんな辛い副作用が持続するわけではありません。吐き気などの副作用は一時的なものとされてます。

 

この副作用にゴールがちゃんと有る事を知って頂いた上で何しろホルモンバランスにも個人差があるので、いつ、その吐き気から解放されると一概に言えないのですが。

 

ホルモン環境に慣れてしまえば後は快適な生活にまっしぐらな訳です。

 

 

吐き気の対応策として幾つか方法はあります。
一例を挙げますと空腹を避けたり酔い止めを一緒に服用する等です。

 

体質等は人それぞれ違いますので
研究して自分に合った吐き気止め対策をしてみてください。

 

副効果も大いにある薬ですので上手に付き合い、無理ない程度に時に専門医に相談しながら快適な生活への道を切り開いてみて下さい。

 

ピルの副作用の吐き気をクリアして嬉しい副効果を体感しましょう

 

ピルとPMS

 

さて、ここまでピルの副作用等の情報でお届けしましたが。ピルの副作用は、それほど神経質になって考える事は無いという結論に至った事と思います。

 

然るべきところで入手して禁忌を避けて、定められた方法で服用していれば何の障害も無く副効果をもたらしてくれます。その嬉しい副効果の中には何が含まれるか。

 

例えばピルとPMSの関係など、良い例だと思います。因みに今更ですが説明されるまでも無いと声が聞こえそうですが。

 

PMSとは月経前症候群と言い、月経前に起こる情緒不安定感(イライラ・不安感)、頭痛や吐き気、めまい、むくみ等といった症状を指します。

 

 

このPMSに苦しむ女性は多いと思います。

 

身体的な、頭痛や浮腫みといった物より、比較的精神的なものに影響が出る方が多いみたいですね。

 

急に泣きたくなったり・・・・・・・。

 

もちろん、置かれてる環境の中でのストレスの影響等も有ると思われますが。

 

辛い症状ですね。周りにも迷惑かける!早く治さないと!

 

コントロールしないと!って焦る気持ちも、或いは緩和を鈍らせる原因になってるのかもしれないですね。

 

勿論、割り切って自分なりに薬に頼らず切り抜ける女性も居ますが。

 

これがピルを正しく服用することにより改善してい可能性があるのです。

 

深く考えず、改善策の、ごく一部という感覚で試してみては如何でしょうか?

 

実際に避妊目的でピルを使い始めたら「PMSも改善した」という
意見も聞きます。

 

また、低用量ピルは長期服用が可能です。結果的に女性特有の疾患を抑制する働きもします。

 

時々、服用を続ける事により発がん性が上がるのでは?と懸念される方も居ますがそのような心配は不要です。

 

 

 

但し、予防・早期発見・早期治療の為に、定期的に

 

検査を受ける事は非常に重要だと思います。

 

 

 

 

 

 

ピルでPMSも改善出来て嬉しい副効果をも体感できます。その詳細はこちら

 

ピル生理

 

 ピルで生理がすごく楽になったと、毎月、実感してるユーザーさんが多いのではないでしょうか。

 

 

何日も前からPMSに苦しみ、且つ、生理が始まったら始まったで酷い生理痛で翻弄されて、鎮痛剤が手放せない。

 

仕事や学業に専念できない!いずれにしても、重い人は日常生活に支障が出る事もあるのではないでしょうか。

 

因みにPMSですが、意外にも本人が、それと理解してないケースもあるそうですね。

 

苦しんでる人は多いのに何故か、周りからの理解が浅いのも特徴と言えます。

 

まず、自分の感じてる不快な症状がPMSか否か判断すると対処法も決まってくるのではないでしょうか。

 

一番良い方法は、シンプルですが、生理のサイクル中、症状がどのように現れるか毎日記録し、これを数か月継続することです。

そして確信に変わったら改善を試みましょう。そんな悩める多くの女性には是非
ピルで生理を整える事を試してみて欲しいと思います。

 

ピルはホルモンンを緩やかに調整して、生理痛・生理不順の改善は勿論、PMSの改善も期待できます。

 

ただ残念ながら、PMSの原因はハッキリ判ってないのです。

 

けれど幸いにも低用量ピルは、その辛いPMSを改善してくれます。強いては生理も軽くなると考えてます。

 

ピルの何が効いて改善に至ってるのかも解明されてないのですが、確かにピルは、こういった副効果を発揮してくれるのです。

 

ピル=「絶大な避妊効果」のイメージが強烈に植えつけられてる女性が多いかも知れませんが少しずつ、悩める女性の間でピルは生理のあらゆる改善にも効果が期待できるという認識が浸透しつつあるのではないでしょうか。

 

是非、浸透させたいと思います。ピルのおかげでどれだけ生理が楽になったか。

 

ピルが生理にもたらす効果が如何ほどかを広めたいですね。

 

ピルが貴女の生理をより快適に導きます。改善を諦めずピルの知識を深めましょう

 

ピル止め方

 

 これからピルを始めよう、或いは始めたばかりだから色々勉強しようと思ってる所を腰を折るようで申し訳ないのですが。

 

ピルの止め方を解説していきたいと思います。基本ピルは血圧コントロールや糖尿病の薬と違って途中で止める事で健康に深刻な影響を及ぼす事は無いのですが。

 

ピルを止めるタイミングで一番ベストなのは現在飲み始めてるシートを飲み切ってからの方が良いですね。このタイミングが一番身体に負担が少なくなってます。

 

同様に、何らかの理由でピルを変えたいと思ってる方も、休薬期間を挟んで変えるのが一番負担が少ないとされています。

 

いずれにしても、しっかりと医師の指導に従ってピルから離れる事をお勧めします。

 

余りシートの前半でピルを止めると次の生理がちゃんと来なくて遅れたり、その逆で早く来てしまったりするケースも有りますので理想は、やはり今服用中のシートを全て飲み切って止めるというのが一番ベストなタイミングですね。

 

因みに、ごく一部の人に限る事と思いますが、ピルを止めた事で生理痛が重くなるケースも有るそうです。

 

 

そして吹き出物が出易くなったり、折角ピルの副効果でハリのある綺麗なバストを手に入れたのに萎んでしまったりする現象も起きるとされてます。

 

見た目で少しガッカリする程度のレベルなら問題ないのですが正しく飲んでいたし
妊娠の可能性も無いのに何ヶ月も生理が来ない等の現象に悩まされる方も居ます。

 

多少の期間、様子見は勿論必要ですが放置は絶対に厳禁です。2ヶ月も3カ月も生理が止まってる場合は必ず受診してください。

 

ピルを止めた後の現象を把握しながら上手にピルとの付き合いを深めましょう

 

ピル妊娠

 

 ピルと妊娠の関係は非常に良好です。正しく服用していれば望まない妊娠を回避してくれますし、いざ子供が欲しく成ればピルの服用を中止すれば平均的に3カ月後辺りから生理が正常のリズムを取り戻し、子宮も卵巣も良好な状態に入ります。

 

よく、ピル飲むと将来不妊症に成りそうで不安とか赤ちゃんに悪い影響が出るような気がして不安とか将来ガンになりやすいのでは?と言った誤った認識を抱いてる方が居ますが。これ等の心配は一切不要です。

 

不安を煽る憶測に惑わされる事無くピルに対する知識を吸収してピルとの良好な関係を築いて頂けたらと思います。

 

ピルは飲み忘れが無ければ通常避妊効果をしっかり得られます。もちろん、生理と関係ないタイミングで1錠飲んだだけでは避妊効果は有りませんが。

 

詳細は「ピル服用法」をご確認頂いて参考にして頂けたらと思います。紹介してます低用量ピルは何故生理を基準に服用するように指示があるのかと言いますと低用量と謳ってます通り、ホルモン含有量が少なくなってます。

 

最低限の負担の少ないホルモン量で避妊効果を得る為に重要になってくるのが卵胞に働きかけるタイミングです。

 

 

生理が始まった初日と言うのは卵胞の力もまだ、極弱く低用量ピルでも卵胞が目覚めて活動するのを抑え込むことが出来ます。卵胞を抑え込むという事は勿論排卵を止めるという事です。

 

排卵が起こらなければ当然、避妊措置を取らない性交が有ったとしても妊娠が成立することは有りません。

 

後々、服用の影響が残る事も無く服用してる間はフルに避妊効果を発揮してくれる優れたホルモン剤になってます。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ